任意売却のガイドブック

解決できる本当の任意売却: 「住宅ローンが払えない」「競売通知が来た」
住宅ローン返済の問題解決について、分かりやすく解説しています。
住宅ローンの返済に不安を抱えている方は、ぜひお読みください。

Amazon Kindleストアで配信中

個別ケースの任意売却

Ad
個別ケースの任意売却

離婚と任意売却

住宅ローンを返済できなくなる原因に「離婚」が多いのが現状です。離婚時に任意売却を進める注意点は、①夫婦のうち一方が連帯保証人(連帯債務者を含む)になっているか、②不動産の所有権が夫婦の共有名義(義理の親との共有名義を含む)になっているかの二点です。
個別ケースの任意売却

多重債務にならないように

任意売却のご相談をする方々に多いのが、他の借金があることです。カードローンやクレジットカードのキャッシングを複数社利用し、住宅ローンの返済に充当している状態になっています。もしそのような事態になっていたら、直ぐにこれ以上借金を増やさないようにしましょう。
個別ケースの任意売却

リースバックとは

住宅ローンの一括請求に至れば、不動産を売却せざるを得ませんが、売却後に買主から賃借することにより、そのまま同じ家に暮らす方法がリースバックです。愛着のある家にそのまま住めるうえ、面倒な引越しをする必要がありませんから、魅力的に感じる人も多いでしょう。
個別ケースの任意売却

任意売却を失敗するケース

著者が債権者側の金融機関で働いていたとき、任意売却ができなかったケースが数多くあります。これは委託を受けた不動産会社の知識不足によるものが最大の原因です。正しいアドバイスができる宅地建物取引業者へ依頼することが、任意売却を成功させることになります。