多重債務にならないように

任意売却のご相談をする方々に多いのが、他の借金があることです。

カードローンやクレジットカードのキャッシングを複数社利用し、住宅ローンの返済に充当している状態になっています。

もしそのような事態になっていたら、直ぐにこれ以上借金を増やさないようにしましょう。

カードローンやキャッシングの金利は10~18%が多く、明らかに住宅ローンの金利より高いです。

わざわざ高い金利に借り換えしていることになり、限度額まで借りて、他に借り入れできるところがなくなれば、すぐに破綻します。

その結果、高金利の借金が増え、住宅ローンも返済できなくなり、経済的に回復する機会がますます遠のくことになります。

このような状態になって、収入との兼ね合いで破産に至るケースもよくあります。

続きは「解決できる本当の任意売却」で!

「任意売却」とは、住宅ローンが返済できなくなったときに活用する、債務整理の手法です。担保になっている不動産を売却し、住宅ローンの残債務を大きく圧縮して、スムーズな新生活のスタートが可能になります。