離婚した妻が連帯保証人で、夫が住宅ローンを滞納

女性の方から、お電話が入りました。

「別れた夫が住宅ローンを延滞している、私が連帯保証人になっているので、相談したい」

せっぱ詰まっているご様子なので、その日のうちに元のご夫婦揃って面談になります。

家を購入したときの資料一式と、最近の督促状の準備をお願いしました。

お二人は既に離婚し、元夫が家に残り、元妻が子供を連れて引越しされています。

奥様はご自身に銀行から請求督促を受け、大変憤っているうえに困惑されています。

「夫が住宅ローンを5ヶ月滞納し、銀行から保証会社の代位弁済になると言われた、私にも督促が来てどうすれば良いのか困っています」

ご主人に今日までの経緯をお聞きしました。

「失業して収入が途絶えました、その後はバイトでやりくりしています。

住宅ローンとマンション管理費、固定資産税も払っていません。

銀行から連絡もありましたが、なにも話をしていません」

さっそく住宅ローン契約書、連帯保証人申請書、最近の督促状を確認します。

続きは「解決できる本当の任意売却」で!

「任意売却」とは、住宅ローンが返済できなくなったときに活用する、債務整理の手法です。担保になっている不動産を売却し、住宅ローンの残債務を大きく圧縮して、スムーズな新生活のスタートが可能になります。