病気を患い返済困難に

病気を患い返済困難に

女性からのお電話です。

「重い病気を患い、仕事は休職を繰り返しています。

住宅ローンの返済が厳しくなり、返済猶予の手続きを相談しましたが認めてもらえませんでした。どうすればよいでしょう」

状況は深刻なご様子です。面談の日時をお約束し、資料の準備をお願いします。

「住宅ローンは二社から借り入れしています。まだ延滞したことはありません。

他にクレジットカードのキャッシングも利用中です。

病気の治療はまだまだ続き、いずれ仕事も辞めるしかないでしょう。

家と住宅ローンをどうすればよいのか悩んでいます」

せっかく購入した家ですが、住宅ローンが支払えない以上、売るのは仕方ないとのことです。

今後収入が増える予定はなく、将来は子供の学費も増え、むしろ支出が増加するとのことでした。

銀行へ事情を訴え、住宅ローンの繰り延べを相談されましたが、安定的な仕事・収入が予測できる状況にないため、お断りされています。

続きは「解決できる本当の任意売却」で!

「任意売却」とは、住宅ローンが返済できなくなったときに活用する、債務整理の手法です。担保になっている不動産を売却し、住宅ローンの残債務を大きく圧縮して、スムーズな新生活のスタートが可能になります。
Kindle 価格: ¥100
Kindle Unlimited 読み放題対象